口腔内健康維持とメインテナンスの重要性について

〜患者さん自身によるセルフケアと歯科衛生士によるPMTC〜

健康的な口腔内環境をつくることも矯正歯科治療の一環です

藤村矯正歯科医院では単なる矯正治療だけでなく歯並び、噛み合わせ、側貌・口唇閉鎖の改善、そして口呼吸防止により、口腔内健康維持のためセルフケアしやすいお口の環境をつくる事も大切な目標としています。
そのためには、観察期間中、動的治療期間中、保定期間中、治療後において継続して行う口腔内健康維持のためのメインテナンスが重要となります。矯正歯科は単に歯を動かして、きれいな口元や歯並びを得ることだけがゴールではなく、健康的な口腔内環境をつくり上げていくことも重要なのです。

どのような口腔ケアを行うのか?

歯磨きが苦手また唾液検査にてカリエスリスク(虫歯になりやすいリスク)が高いと判断されたお子さんには、矯正治療開始前にクリーニングと歯磨き指導を十分に行います。
また、動的治療期間中、月1回の動的処置(矯正装置の調整)と同時に徹底した口腔内清掃を行います。これにより矯正治療中における「う蝕(虫歯)」と「歯周疾患(歯周病)」のリスクの低下を図る事が可能となります。また、セルフケアに必要なアドバイスとして歯ブラシ、歯磨剤の種類や清掃方法についての情報提供と清掃実施を行います。

動的治療期間中の口腔内清掃の流れ

矯正治療中は矯正装置をつけているため、虫歯になるリスクは高くなります。このため、当医院では、虫歯を防ぐために毎回の矯正処置時に徹底したクリーニングを行っています。

食べかす(食物残渣)やプラークが残っている状態

食べかす(食物残渣)やプラークが残っている口腔内

うまく歯磨きができず、食べ残しやプラークが残っています。
この状態が続くと口腔内が不衛生な状態になり、虫歯や歯周病のリスクが高まります。

ワイヤーを外しクリーニングしている状態

ワイヤーを外しクリーニングしている口腔内

当医院では動的治療毎にワイヤーを外してクリーニングします。
動的治療期間中、患者さんの大切な歯が虫歯にならないよう、衛生士も細心の注意を払います。

クリーニング後、再度ワイヤーを装着した状態

クリーニング後、再度ワイヤーを装着した口腔内

再度、ワイヤーを調整し口腔内にセットします。
1回1回患者さんには時間をとって頂きますが、虫歯にしないための重要な口腔ケアです。

歯科衛生士によるメインテナンスケア

動的治療時でなくとも、歯科衛生士によるメインテナンスケアも重要です。特にブラッシング指導ではご自身のブラッシングの仕方についてのアドバイスなどもさせて頂きます。
※矯正治療を終えた方に対しては、自身では清掃しづらい部位を、歯科衛生士によるメインテナンスケア(PMTC 施行時間60分)をご提供し、口腔内健康維持管理を継続致します。

1 染め出しを行い、磨き残し部位を確認します

染め出しを行い、磨き残し部位

歯垢染色剤を使い、どこが磨き残しになっているのかを確認します。

2 丸のついた部分が磨き残しの多い部分です

丸のついた部分が磨き残しの多い部分

無意識に磨き癖がついていることなどがあり、意外ときちんと磨けていません。

3 磨き残し部位、フロスや歯ブラシの当て方を指導します

歯ブラシで届きにくい奥歯など、磨くコツをお教えします。
ブラッシング指導

 

※患者さん自身に、どこのブラッシングが弱いかなどを意識して頂きます。自身が気づくことで、ブラッシングはどんどん上達していきます。
特にお子様など、このブラッシング指導で得た知見は、将来虫歯になりにくくなる口腔内を得られるだけでなく、一生ものの財産です。

 

4 歯科衛生士によるクリーニングを行います

歯科医師又は歯科衛生士が歯科器具で専門的に磨き上げます。歯の表面がつるつるとします。

クリーニング後の口腔内

クリーニング後の口腔内側面

1〜3により、患者さんのブラッシングの弱いところをあらい出します。これは患者さんが矯正治療を終えた後も永続的に、虫歯や歯周病で歯を失うことが無いよう、ブラッシングの意識を高めて口腔内健康維持できるようにすることが目的です。
また、PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・ティース・クリーニング)といって、患者さん自身では落とすことが難しい「歯石」「ステイン」「磨き残しで残存したプラーク」や「歯の汚れ」を、歯科医師又は歯科衛生士が数か月に1度除去することで、口腔内をより健康に維持することが可能となります。
虫歯予防や歯周病予防だけでなく、口臭予防や心臓疾患予防等にも効果があると言われています。

メインテナンスケアが重要な理由

歯を長持ちさせる方法があります。それは、自覚することです。
歯磨きされていても「実は磨けていない」ことはよくあります。きちんと磨けているか疑問を持ち、汚れを長期間放置しないでください。メインテナンスがしっかりとできていれば、健康な歯と歯肉を保つことができます。年をとっても人工の歯ではなく、自分の歯で噛んで食事をすることができるのです。実際、噛み砕く力の低下は内臓の機能異常や認知機能の低下に繋がる事が分かっています。様々な食べ物を食べられる消化器官の入り口である口腔、特に歯の健康維持こそが生涯健康でストレスなく生活するために最も大切です。

虫歯治療だけでは悪循環を招きます

歯を削れば虫歯が治ったと安心されるかもしれませんが、修復物に接している歯質部分に新たな虫歯ができることがあります。虫歯の穴を埋めたとしても根本的な原因を解決しなければ再発するのです。その度に再治療を繰り返していくと、歯質を削る量が増え、だんだんと神経組織へ進行していくことになります。神経組織に達すると、抜髄という神経をとる治療を行う必要がでてきてしまい、維持できなくなると最終的に抜歯にいたってしまいます。

歯の寿命が短くなる前にメインテナンスケアで歯の健康を保ち修復治療をしない、またはできるだけ遅らせて健全歯を守ることが何よりも大切です。

インプラントは万能ではありません

「歯がなくなればインプラント(人口歯根)をすればいい」と言われる方もいますが、インプラントの治療は全ての方に適応できる治療ではありません。インプラントを支えることになる歯と顎骨との間にある歯槽骨の質や量によって手術を行えない場合、また、重度の糖尿病などの疾患により手術が難しい場合などがあります。また、何よりも口の中の管理を疎かにしてしまいがちな方にはオススメできません。

インプラントの部位は天然歯以上に健康維持が困難となる場合が多いのです。メインテナンスを怠った場合、天然歯よりも細菌に対する抵抗力が弱いため、歯茎が腫れる・膿が出る・外れてくるなど様々な症状を引き起こす可能性があります。

藤村矯正歯科医院の定期メインテナンス内容

 

◆磨ききれない汚れの除去と清掃方法の提案と指導

◆口腔内の健康記録と説明

◆セルフケアのカウンセリングをご提案致します

 

3〜4ヶ月毎にメインテナンスを

メインテナンスの目安として3〜4ヶ月毎を推奨しております。ある程度清潔な環境を維持できるようになった方には間隔も延ばして様子を見ていきます。反対に状態が悪い方にはメインテナンスの間隔を短くし継続的にアドバイスを行います。あなたの状態に合わせたご提案を致します。
スウェーデンとの歯の残存本数比較グラフ

予防先進国がスウェーデンだとご存知でしたか。上記参考図は、80歳を対象とした平均残存歯数を表しています。日本は約8本に対し、スウェーデンでは約20本という結果が出ています。これは、メインテナンスの定期受診を当たり前の習慣とした成果です。改善した噛み合わせを崩さずに歯と歯周組織を維持するため、是非、定期的メインテナンスを積極的に受けて頂く事をオススメします。

もう歯科医院は治療するだけの場所ではありません

これまで歯科医院は、虫歯を治すために行く「治療する場所」と認識されていましたが、これからは虫歯を作らないために行く「ケアする場所」と考えてください。無理に歯の負担になる、削ることや穴をあける治療は提案しません。できる限り歯を残す治療を目指すため、当医院では「予防」という方法をとっていきます。口腔内ケアしやすい環境をつくる矯正治療は将来、大変価値のある治療となります。矯正治療を経験なされた方が誇りと思って頂けることを願っています。

ページトップへ戻る

院長は、 大学病院矯正科で10数年の臨床経験をもち、歯学博士の資格を取得していますので、専門医による矯正歯科治療を安心して受けて頂くことができます。
矯正歯科についてのご質問も受付けておりますので、歯並びにお悩みでしたらお気軽にご相談ください。

地図 初診予約受付 ご相談・お問い合わせ

藤村矯正歯科医院

< 初診相談専用ダイヤル >
0120-527-131
< ご相談・お問い合わせ >
04-2928-7022

新所沢駅西口 徒歩3分

〒359 -1111
埼玉県所沢市緑町2-6-15
第2KIビル3F

アクセス